路地裏便りホームページ

 

2018/6/19   記事を大幅に変更・更新

2018/6/13     illustration更新

2018/6/05 トップ・illustration更新

2018/5/28 トップ・illustration更新

 2018/5/15 トップ・illustration更新 

2018/3/24 トップ・illustration更新

 

【お知らせ】個人誌の作成を4月18日から再開しました。やったね。


 

 

こんにちは、今日も息をして心臓を動かしているタカオカです。何が何でも褒めてくれるbotと友達になりたい(疲れている)。

 

 

それはさておき、ホグミスにはまりました。

 

 

私は元々ゲームが長続きする方ではありません。箱庭ゲーや対戦もの等これまでにもいくつか挑戦したのですが、同じ展開の繰り返しにどうしても飽きが来てしまいやり込む前にアンインストールしてしまうのがオチでした。「電源すら入れないことも多いスマホのゲームだから続かないだけで、パソコンならいけるんじゃないか?」という推測のもと約1年前から大概のゲームをパソコンで行うようにしたのですが、結果は惨敗。やはり続かない。本当にびっくりするほど続かない。「ストーリー性のある会話形式のゲームならいけるか?!」と後輩に勧められた某アイドル育成ゲームにも手をつけたのですが、こちらは早々に支部に入り浸るようになりゲームは放棄という結末に。神絵師の恵みがあったら見ちゃうでしょ。うん、これは仕方ない。大人気のゲームというのも考えものだなあ(すっとぼけ)。

 

このように三日坊主を体現するような奴ですが、たまたま知って半月前に始めたホグミス 、何と未だに続いております。「半月?いやそれまだ始めてほとんど経ってないじゃん」と思ったそこのあなた、甘い。バロールのチョコより甘い(スペインのチョコ会社。ホットチョコが胸焼けする程どろっどろに甘い)。2週間ちょっとが最長プレイ期間の私にとっては驚くべき快挙ですよ。ホグミス はストーリーとゲームの間隔が丁度良く、物語も楽しめる内容となっているのが長く続いている要因かもしれません。メッシュを入れた同級生をやたら煽るスタイルを貫いている方や、ひたすら某魔法薬学の先生を見つめる方など、多様な楽しみ方が出来るのも魅力です(本当に魅力なのはその楽しんでいる様子を公開して下さるツイート)。ちなみにS先生の袖まくりがやたらセクシーですよね。あれ本当にどういうことですかね。最近先生に人生を捧げ気味の方の話ばかり聞いていたからか、私まで感化されてきました。お陰で知識だけ気味が悪い程レベルが上がる。

 

 


 

 

余談ですが、一番仲良くなりたいのはメルーラです(おま、親友のローワンを命の危機に晒しといてどの口が…?!)。選択肢さえ豊富だったらアプローチを変えて絶対近づこうとしてる。まだ2年性の半ばでこの先の展開は読めないのですが、彼女に近づけるイベントとかあるんでしょうか。不本意にも戦ってばかりだけどいつか共闘したい。というか「好きな食べ物は?」みたいなだらけた話を心底したい。メルーラをストーカーするイベント等心待ちにしております。

 

 


 

 

そういえば最近知ったのですが、界隈では主人公を「ホグミス子」と呼び、一人のキャラクターとして扱うことがあるようです。同じゲームでも個性が全面に出ているためか独創性が生まれ、また違った作品のように感じるのは面白いですね。という訳でその流れに便乗して少し落書きしておりました。

ところでですね、S先生の減点を獲得(?)する気もなければメルーラへの挑発もそれ程行なっていないからか知りませんが、何だか最近メルーラの罵詈雑言が柔らかくなってきた気がします。対立したい訳ではないためそれはそれで良いのですが、彼女の刺々しい言葉に慣れかけてきていたのか「ええ〜何だか物足りないっすよメルーラパイセン、前はもっと悪口に磨きがかかってやしたよ。もうちょいキツめのオナシャス!」とこちらから頼みにいきたい衝動に駆られています。彼女は人をMにする罪な女ですね。いやー「大丈夫?今日そんなに罵ってないけど元気?バナナ食べる?」と人を心配する日が来るとは思いもしませんでした。

 

 

since 2015/3/15